大阪|八尾市緑ヶ丘 訪問看護のことなら桃李訪問看護ステーションにご相談下さい

menu

大阪|八尾市 桃李訪問看護ステーション

訪問看護とは?

img01

訪問看護とは

大阪八尾市訪問看護ステーション
訪問看護とは、訪問看護ステーションから看護師がご自宅・居住の場へお伺いし主治医の指示や連携により行う看護(療養上のお世話又は必要な診療の補助)です。

病気や障害があっても、医療機器をつけたままでも住み慣れた地域やご家庭で療養生活が送れるよう看護ケアを提供致します。

病状や療養生活を専門家の目で見守り、的確なアセスメントに基づいたケアとアドバイスで自立した生活が送れるよう支援致します。

 

訪問看護と訪問介護の違い

訪問看護八尾市,桃李訪問看護
訪問看護には、看護師免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が、
また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が必要に応じて訪問しています。

『訪問看護』と『訪問介護』の大きな違いは、医学的処置が含まれるかどうかというところにあります。

ヘルパーさんが行う訪問介護は食事のお世話・掃除・買い物・入浴介助等、ご自身では難しい生活の援助・お手伝いをします。

病気や障害があっても、点滴や吸引または褥瘡の手当て、投薬などの医療処置が必要でも、
住み慣れた居住地で心穏やかに過ごしていただくお手伝いをさせていただくのが訪問看護です。

現在ヘルパーさんや介護福祉士さんによる訪問を利用している方でも、週1回または月1回でも専門的な知識を持つ看護師の訪問により、医師の指示のもとで病態のチェックやリハビリを施行しADL(日常生活動作)がUPする可能性があります。

 

訪問看護ステーションの特色

緊急の場合にも対応します

24時間・365日相談に応じ、急変時にはかかりつけ医と連帯し、症状の観察、緊急の処置などを行います。

医療機器をつけた療養生活を支えます

径管栄養、在宅酸素療法、吸引、在宅点滴注射、人口呼吸器の医療処置が必要な方の在宅療養を支援します。

自宅への退院を支援します

入院中から病院と連帯して、在宅生活を向けスムーズな移行ができるよう相談や支援を行います。

安らかな死・ターミナル期を支えます。

住み慣れた家で最後まで過ごせるように、医師の指示による疼痛緩和などにも適切に対処し、心のケアも行います。
ご家族とともに看取りをします。

医療と介護の橋渡しをします。

さまざまな在宅ケアサービスの使い方を紹介したり、介護保険の申請・更新のお手伝いをします。

介護予防や機能回復のお手伝いをします

症状の悪化や寝たきりになるのを防ぐほか、拘縮予防の機能の回復、嚥下訓練などを行います。
ベッドや車イス、介護用品の介護用品の相談を行います。

医療保険・介護保険の双方に対応できます

医療保険・介護保険の両方のサービスが同じステーションで引き受けられます。
必要な場合は、他のステーションや医療機関の訪問看護を併用することもできます。

ご自宅以外でも受けられます

看護師の訪問は、地域にあるグループホームの特定施設、特別養護老人ホームのショートステイなどにおいても、医療と介護の連携を強め、一定の場合にサービスを提供します。

その他のサービス(複合型サービス)

利用者に応じて、通い・泊まり・訪問(介護・看護)サービスを柔軟に提供します。

桃李訪問看護ステーション

P1190088_m

大阪府八尾市緑ヶ丘5丁目137
TEL072-999-6668
FAX072-999-6662

桃李訪問看護ステーションは管理者およびスタッフ共に急性期病院での十分な経験を有しており、進化をし続ける医療情報にいち早く対応できる技術と知識を持ち合わせています。
常に知識獲得のために研修や勉強会を行い、地域の病院や、診療所、他の訪問看護ステーションと情報交換を行っていきます。